クリスマスイベントのご案内です。

今回初の試みで、アロマアドバイザー 浦田 有佳里さんとのコラボレーションイベントを開催します。

[ワインを飲みながら、本物のシアバターをお試し]

スパークリングワイン1杯サービス

12月23日(火) 17:00〜20:00

12月24日(水) 18:30〜22:00

12月25日(木) 18:30〜22:00

[半田酒店飲み比べリスト]

はんだ厳選おすすめワイン飲み比べ[内容は当日のお楽しみ](3種500円

ブリュードッグ&ミッケラーのクリスマス限定ビール(3種500円)

日本酒飲み比べ(3種500円)

①菊姫 山廃純米 無濾過生原酒(石川)

②千代むすび 特別純米 無濾過生原酒(鳥取)

③臥龍梅 純米吟醸 五百万石 袋吊り雫酒(静岡)

ワイン、ビール、日本酒と飲み比べテーマもいろいろです。

予約は不要です。ご都合の良い時間にご参加ください。

以下、浦田有佳里さんのコメントより〜

シアバターのお話しです。ブルキナファソの現地支援と輸入をしているア・ダンセさんの資料から抜粋です。また、詳細やイベントパンフは別途掲載しま~す。(*^_^*)

【シアバターとは?】

シアバターはアフリカの一部でしか生育しない「シアバターノキ」の種子から採る油脂です。

最初の実ができるまで29年かかるため、植林が進まず、ブルキナファソではほぼ野生の木です。

現地では食用のほかに万能薬のように使用されています。

欧米や日本では少し前までは、ココアバターなどの代替油脂として使用されていましたが、最近になって肌への効用から、化粧品に多様されるようになってきました。

いまや保湿成分の代名詞となっています。

シアバターのちからのひみつ。それはシアバターにふくまれるテルペン類などの微量成分。

このちからを最大限にするため、私達のシアバターを作ってくれている森を守るママンたちは手間を惜しみません。

雨季の農作業の合間を縫って、ときには10キロ以上を歩き回り、自然に落ちた実だけを集めます。

丁寧に種子を選別し、ほぼすべてを手作業でバターを抽出します。

体力のいる作業ですが、おそらく数百年もの間、女性達が繰り返してきた見事な手仕事です。

ブルキナファソのシアバター記事>

http://alternas.jp/study/global/16714#more-16714

現地支援&シアバターを輸入しているア・ダンセさん>

http://www.a-danse.jp/

10847584_734295736654213_8994925917150188224_o10626332_734786473271806_4115870819458314862_o